ToDoLoG

いろいろ書きます。コイツ何書いてんだ と思いながら読んでください。

みる。の話

 

最近は就活やらなんやらで東京を訪れる機会が多い。

東京は大阪で生まれ育ってきた僕には憧れの場所であることには違いない。

 

今日、そんな憧れの地である東京は風が強かった。満開の桜も散る勢いだった。僕は大阪に住んでいるのにも関わらず今年初めての桜を東京で観た。もしかすると大阪で見ていたのかもしれないけど。そんな桜を見たかどうかも忘れるくらいに当たり前に大阪で住んでいるから違う場所はワクワクする。無論、東京という華の大都会だ。ここの桜は色も映えて観えた。

 

やるべき事を済ませ、既にヘトヘトな僕は迷いながらも渋谷の連絡通路にある『明日の神話』へ向かった。明日の神話 - Wikipedia

f:id:tododot11:20170406183949j:image

初めて生で観ることができた。正直、絵の破壊力に心がやられそうになった。この絵は一見恐ろしく混沌としているが、希望や未来を感じ取ることができた。絵の向かいには渋谷のスクランブル交差点が見え、テレビで見るような相変わらずの雑踏だった。この絵の屍は、この光景を毎日のようにみているだろう。しかし一体どうみえているのだろうか。

そして、この絵を誰も観ないまま人々はこの絵を通り過ぎていく。みんな当たり前の光景なのだろう。この絵を観ていたのは僕だけだった。

 

 

 当たり前のような毎日でもちょっと視点を変えて"観る"こと、注意深く"観る"ことで知らなかった世界を知ることができると、普段とは違う場所である東京で感じた。当たり前に見ていた毎日を改めて"観る"ことが必要だと思った。

 

今度は大阪の街や人、桜をちゃんと観よう。

 

f:id:tododot11:20170406190936j:image

そして、 大阪へ帰る。

 

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

 


やっとの思いで書き終わったら新大阪だった笑

おわり